「World of Tanks Console」スウェーデンテックツリーとサバトン戦車「Primo Victoria」をコンソール版にも本日実装

2017年11月2日

ウォーゲーミングジャパン株式会社は、同社が運営を行うオンラインタンクバトル「World of Tanks Console」について、2017年11月2日(木)に、スウェーデンテックツリーとサバトン戦車「Primo Victoria」を実装した


スウェーデンテックツリー
本日コンソール版に実施されたアップデートの概要は以下の通り。

■スウェーデンテックツリー実装
PC版「World of Tanks」に数ヶ月前に導入されたスウェーデンテックツリーと、サバトンの戦車「Primo Victoria」、その他軽戦車から駆逐戦車に至るまで総数20輌以上をコンソール版(PlayStation4、PlayStation4 Pro、Xbox 360、Xbox One、Xbox One X用)に実装した。
テックツリーの最上位にはティア X重戦車「Kranvagn」が鎮座し、射撃モードと移動モードへの切り替えが可能な、ティアVIII「UDES 03」や「Strv 103B」といったユニークな車輌が目白押しとなっている。
スウェーデンテックツリースウェーデンテックツリースウェーデンテックツリースウェーデンテックツリースウェーデンテックツリースウェーデンテックツリー


■「サバトン」の特別仕様戦車「Primo Victoria」搭乗
Gamescomで発表されたウォーメタルバンド「サバトン」の特別仕様戦車「Primo Victoria」もコンソール版に登場した。
なお、「Primo Victoria」の搭乗者はバンドメンバーとなっている。
Primo Victoria


■新スウェーデンマップ「Murovanka」実装
激しい吹雪の中での戦いが行える新スウェーデンマップ「Murovanka」も実装した。
MurovankaMurovankaMurovankaMurovanka



また、「World of Tanks Console; Executive Producer」のTJ Wagnerは、スウェーデンテックツリーについて以下のようにコメントしていいる。

コンソール版「World of Tanks」のプレイヤーの方々からスウェーデン戦車の実装要望をたくさんいただき、開発者達がスウェーデンテックツリーを奮って作成しました。また好評を博したサバトン戦車も入れましたので、是非楽しんでプレイしてください。




詳細に関しては下記プレスリリースに掲載しておくので、プレイヤーの方はそちらにも目を通した上で、早速新コンテンツをプレイしてみては如何だろうか-。


***以下、プレスリリースより転載***

全世界1億3,000万人以上の会員数を誇るオンラインタンクバトル『World of Tanks』を開発・運営するWargamingは、本日PlayStation4、PlayStation4 Pro、Xbox 360、Xbox OneとXbox One X用「World of Tanks」にスウェーデンテックツリーを導入します。

PC版「World of Tanks」に数ヶ月前に導入されたスウェーデンテックツリーと、サバトンの戦車「Primo Victoria」、その他軽戦車から駆逐戦車に至るまで総数 20 輌以上がコンソール版に実装されます。
テックツリーの最上位にはティア X 重戦車「Kranvagn」が鎮座し、射撃モードと移動モードへの切り替えが可能な、ティアVIII「UDES 03」や「Strv 103B」といったユニークな車輌が目白押しです。


Gamescom で発表されたウォーメタルバンド「サバトン」の特別仕様戦車「Primo Victoria」もコンソール版に登場致します。
「Primo Victoria」の搭乗者はバンドメンバーとなっており、ファンの方は必見です。
他にも激しい吹雪の中での戦いが楽しめる、新スウェーデンマップ「Murovanka」も実装されます。

「World of Tanks Console; Executive Producer」の TJ Wagnerがスウェーデンテックツリーについて以下のようにコメントしています:
“コンソール版「World of Tanks」のプレイヤーの方々からスウェーデン戦車の実装要望をたくさんいただき、開発者達がスウェーデンテックツリーを奮って作成しました。また好評を博したサバトン戦車も入れましたので、是非楽しんでプレイしてください。”


ウォーゲーミングジャパン株式会社はオンラインゲームの運営会社として、またミリタリーエンタテインメントに関するリーディングカンパニーとして、今後もさまざまな楽しみをみなさまにご提供できるよう、邁進してまいります。

***以上、プレスリリースより転載***

(c) Wargaming.net