ブラウザ

「バトル・ジェネラル」本日15時より基本料金無料のアイテム課金制にて正式サービス開始

株式会社インゲームは、同社が運営を行う戦争シミュレーションゲーム「バトル・ジェネラル」について、2017年6月21日(水)15時より、基本料金無料のアイテム課金制にて正式サービスを開始した


本作は、第二次世界大戦を舞台に、命を懸けて戦う指揮官たちの熱き物語をテーマにした戦争シミュレーションゲーム。

主城内にある「兵器工場」「作戦指令部」「科技司令部」などの機関のレベルを上げることで、様々な機能が開発され、軍事力を上げることができる。

戦闘では、戦場(フィールド)に配置された自軍の部隊(ユニット)を移動させ、敵を攻撃・撃破していく。移動範囲や攻撃範囲が異なる、200種類以上の様々な部隊(兵種)が用意されている。

本作には、5つの戦役モードが用意されている。
・戦役…歴史で起こった実際の戦闘を体験できるストーリーモード。
・ダンジョン…プレイヤー同士がチームを組んで戦争を行う協力プレイモード。
・競技戦…プレイヤー同士で戦闘し、ランキングを競い合う対戦モード。
・主城戦…プレイヤー同士で互いの城を占領しあい、資源を奪うことができる対戦モード。
・監視塔…NPCを相手に、自軍の監視塔を守って戦闘を行う防衛戦モード。


なお、本作のサービスは、現在「インゲーム」「ハンゲーム」、「TSUTAYAオンラインゲーム」の3ポータルサイトで行われている。

詳細に関しては公式サイトに掲載されているので、本作に興味がある方はそちらにも目を通した上で、早速プレイを開始してみては如何だろうか―。


(c) 2017 Ingame Co.,Ltd. All rights reserved.