Win

「BLESS」15名対15名の戦闘コンテンツ「エメラルド海資源争奪戦」実装を含むアップデート「南海の戦場」を本日実施

株式会社ゲームオンは、同社が運営を行う新作ファンタジーMMORPG「BLESS」について、2018年3月14日(水)8時30分~17時30分のメンテナンスにて、アップデート「南海の戦場」を実施した


本日実施したアップデート「南海の戦場」の概要は以下の通り。

15名対15名の戦闘コンテンツ実装

大陸南東の美しい「サウスペニンシュラ」地域を背景に、各陣営最大で15名ずつ、総勢30名のキャラクターが戦いを繰り広げる15名対15名の戦闘コンテンツを実装。
このコンテンツでは、戦略的な要素が毎週変化するギミックがあり、様々な状況下でのPvP(対人)戦闘をプレイすることができる。




新ダンジョン「パタラ廃墟 一般」実装

最大5人のパーティーで挑戦する新ダンジョン「パタラ廃墟 一般」を実装。
新しい防具を手に入れよう。




新フィールドボス「氷の霊王レオニック」追加

フィールドボスモンスターに「氷の霊王レオニック」を追加。

「氷の霊王レオニック」は、フィールド上にランダムで出現する。ダメージを与えていくごとに討伐フェイズが進行し、攻撃パターンが変化する。また、条件を満たすと外見及びスキルが変化する。

討伐すると、一定確率で「エンシェントウェポン」と異なるアイテムを獲得することができる。



詳細に関しては公式サイトに掲載されているので、プレイヤーの方はそちらにも目を通した上で、早速新コンテンツをプレイしてみては如何だろうか-。


(c) NEOWIZ GAMES Corp. All Rights Reserved.
(c) NEOWIZ BLESS STUDIO Corp. All Rights Reserved.
(c) GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.