Win

「War Thunder」6月12日に陸上自衛隊の第3世代主力戦車「90式戦車」実装を含む大型アップデート1.79を実施

DMM GAMESは、同社とガイジン・エンターテインメイントが協業して運営を行うPC用マルチコンバットオンラインゲーム「War Thunder」について、2018年6月12日(火)に、大型アップデート1.79「プロジェクトX(Project X)」を実施した


本日実施した大型アップデート1.79「プロジェクトX(Project X)」の概要は以下の通り。

プロジェクトX(Project X)

プロジェクトX(Project X)
20以上の新しく改良された地上車両と航空機の他、戦車戦のためのイタリア半島をモチーフにした大規模な新ロケーションと新マップ「ラドガ」や、全ての航空機に影響する徹底的なサウンド改善を施した「プロジェクトX」では、膨大な量のコンテンツをゲーム内に追加した。
レオパルト2A4T-64BV
▲「レオパルト2A4」「T-64BV」




利用可能な近現代的車両の選択を90年代初頭まで拡大

アップデート1.79では、「War Thunder」で利用可能な近現代的車両の選択を90年代初頭まで拡大した。
ゲーム内で最も現代的な戦車は、日本が陸上自衛隊の「90式戦車(Type 90)」で、ドイツは後期改修型のレオパルト2A4。フランスはAMX-40が登場し、ソ連はТ-62М-1を追加した。イギリスは、工兵戦闘車用のセンチュリオン AVREの近代化改修型を実装し、アメリカはクライスラーとゼネラル・モーターズ2つの競合するXM-1プロトタイプを確認できる。このうちの1つは、後に「War Thunder」でも利用可能の有名なM1エイブラムズへ進化した。
第71戦車連隊
▲「第71戦車連隊」「第72戦車連隊」「第73戦車連隊」

今回DMM GAMESでは、「War Thunder」のゲーム内へ陸上自衛隊の「90式戦車」実装を記念し、陸上自衛隊の戦車部隊のマークを描いたゲーム内の兵器へ自由に貼ることのできるデカールを配布するキャンペーンを実施する。
各種条件を達成したアカウントへは、デカールを次回8月頃実施予定のアップデートでプレゼントする。




「防護分析」機能追加

格納庫では、プレイヤーが「防護分析」機能を利用できるようになった。
本機能により、プレイヤーは戦車を選択した際、戦車の一部脆弱性を確認することができる。攻撃する場合、対象の戦車・砲弾の種類・射撃距離と方向を設定することができる。攻撃された場合、複雑なアルゴリズムにより跳弾や貫通で、どのモジュールが攻撃によって損傷する可能性があるか示される。




新航空機追加

「プロジェクト X」では、アメリカ海軍のジェット攻撃機FJ-4B フューリーやソ連のIL-28Shジェット爆撃機に珍しいドイツの双胴重戦闘機Bf 109Zの他、ゲーム内初のルーマニア国産のI.A.R. 81-Cなど多くの新しい航空機を提供する。

FJ-4B フューリーBf 109Z ツヴィリング
▲「FJ-4B フューリー」「Bf 109Z ツヴィリング」

He177withFritz-Xbomb

その他、「War Thunder」の航空機には、全く新しい兵器が搭載できる。遠隔操作による爆弾は、軌道をわずかに修正して、目標をより正確に狙うことができる。艦船に対する完璧な攻撃兵器となっている。

最後に複葉機からジェット機まで「War Thunder」における全ての航空機は、エンジン、武器、機構などに新しい効果を施した。サウンドエフェクトは、プレイヤーの視点や実際の兵器の位置によって、現実的に変化する。閉め切ったコックピットは、外部の雑音を適度に抑え、パイロットが機体内部の動作音を聞くことを可能にし、弾丸や飛行機の息吹を持続的かつ認識可能な状態にする。



プレイヤーの方は、早速新コンテンツをプレイしてみては如何だろうか-。


Published by (c) DMM GAMES.(c) 2017 Gijin Entertainment. All rights reserved.
プレスリリース文を表示