WinPS2PS3PS4

「信長の野望Online」1月23日実装予定の新拡張パック「天楼の章」の新情報として「称号」システムと新シーズン情報を公開

株式会社コーエーテクモゲームスは、同社が運営を行うMMORPG「信長の野望Online」について、2019年1月23日(水)実装予定の新拡張パック「天楼の章」の新情報として、2019年1月9日(水)に「称号」システムと新シーズンに関する情報を公開した


本日公開した新情報を反映した、1月23日実装予定の新拡張パック「天楼の章」の概要は以下の通り。

「築城」システム

「天楼の章」では、戦国の世に自分だけの城を築く「築城」システムを導入する。

はじめは小さな砦のような城も、いずれは多数の曲輪(くるわ)や立派な天守閣を備える巨城へと発展させることができる。自分の城の発展により、さらなる施設の建造や軍勢の創出が可能となり、敵城の攻略や自分の城に攻めてくる敵の撃退が有利になっていく。
最終的に、城の発展は勢力同士の争いである国勢にも影響を与え、城との関わりにより"戦国の世"は新たな時代を迎える。

施設の建造に必要な資源は、「水田」などの「資源施設」から入手することができる。
築城で課されるミッション「任務」をこなすことで、城をどんどん発展させていく。

自分の城に「兵舎」を建てることで、城攻めをする「軍勢」を整えることができる。軍勢で敵の城を襲撃し、手に入れた戦利品でさらに自分の城を発展させることができる。

城の発展は国と国の争いである国勢へと影響する。自らの城を巨城へと発展させ、襲い来る敵を撃退し、敵の城を攻め、仕える勢力を天下統一に導こう。

ほかにも、城を巡る戦いで功績を認められると、プレイヤーキャラクターがパワーアップする要素も登場予定となっている。




新技能追加

「侍」「僧」「神主/巫女」「陰陽師」「忍者」「鍛冶屋」「薬師」「傾奇者」の8つの職業に、合計120以上の新技能を追加する。




「称号」システム登場

戦国の世を生き抜く中で、様々な「称号」を獲得することができるようになる。
獲得した称号は周囲のプレイヤーに誇示できるほか、獲得するごとにプレイヤーキャラクターのステータスが上昇していく。

なお、「天楼の章」開始時には、30種以上の称号が追加される。
強力な敵を倒すことで手に入るチャレンジ性の高いものや、数多くの武将の知遇を得るなどコレクション性の高いものなど、取得条件は様々となっている。




新シーズン開始

「天下分け目の決戦」後、「天楼の章」の新シーズンがスタートする。
新シーズンの国勢は、築城システムの登場でこれまで以上に白熱した戦いが展開する。

新シーズンでは、新たに「鹵獲物資(ろかくぶっし)」の要素を追加する。
新コンテンツ「築城」で敵の城を攻め落とし「鹵獲物資」を得ることで、強力なアイテムを合戦場で使えるようになる。
また、獲得した「鹵獲物資」の一部は自動的に勢力に加算され、勢力全員で貯めた物資を使い、合戦で一発逆転を狙える特別なコマンドを利用することができる。

※「鹵獲物資」は、2019年2月20日(水)から得られる。




新たな敵徒党と難易度「庚」「辛」登場

「群雄之演」に、新たに「表裏比興の者」「七人の剣鬼」「武芸大会の猛者」「助ける者」の4徒党を追加。
どれも、特徴的で一癖も二癖もある個性的な徒党となっている。

また、これまでの難易度を遥かに上回る2つの難易度を追加する。




新たな報酬アイテム「護法具」登場

特定の難易度に到達すると武闘祭評勲の交換品に、装備品の付与値をランダムに変化できるアイテム「護法具」が登場する。




会場内でお供を呼び出せるように

「上覧武闘祭」にて、お供を呼び出せるようになる。
鍛え上げたお供と共に、高難易度のボス撃破を狙おう。




プレイヤーキャラクターレベル上限値開放

プレイヤーキャラクターのレベルの上限値を80に開放。

※プレイヤーキャラクターの付与限界も、レベルの上昇に伴い上昇する。



詳細に関しては公式サイトに掲載されているので、プレイヤーの方はそちらにも目を通した上で、さらなる続報を楽しみに待っていて頂きたい-。


(c) コーエーテクモゲームス All rights reserved.