Win

「黒い砂漠」2019年下半期のアップデート計画を発表 新PVEコンテンツ「血の祭壇」や新クラス「シャイ」実装などを予定

株式会社ゲームオンは、同社が運営を行う3DファンタジーMMORPG「黒い砂漠」について、2019年6月10日(月)に、2019年下半期のアップデート計画を発表した


2019年下半期のアップデート計画の概要は以下の通り。

新PVEコンテンツ「血の祭壇」

」「血の祭壇」は新しい形のPVEコンテンツで、自分の装備でプレイすることになる。
基本的に3人パーティーで押し寄せてくるモンスターから聖遺物を守り抜くディフェンス形式のゲームとなっている。
装備だけに頼るのではなく、モンスター出現のタイミングや、方向・特性などを考え、戦略性が求められる。
互いのコミュニケーションが重要になり、難しさだけではなく、3人の攻略と協力、瞬間的な判断力がないと難しく、達成感は新たな楽しさを感じられると期待している。
また、ランキングシステムを導入して攻略を互いに競うこともでき、3人プレイベースなので気が合うギルドや友人と軽く楽しむことができる。




新クラス「シャイ」

今までの黒い砂漠にはなかったタイプの新しいクラス「シャイ」を追加する。

既存のクラスは戦闘に特化しているが、シャイはサポートに特化している。
そのためのスキルの数が非常に少ないが、簡単にアクセスすることができる利点もある。
身長ぐらい大きなブーメランの形のフローランをメイン武器として使い、特別な力を持ったビツアリを利用して味方を回復したり守ったりすることができる。
シャイならではの好奇心と明るさ、そしていたずら好きな特徴はキャラクターのスキルにもあらわれている。

主なスキルで「見つけた」というスキルは、周りに隠れた敵をすべて見つけることができ、「痛がらないで」は見方を回復するスキルとなっている。

シャイは、他のクラスと違い、採集/錬金が専門レベルで作成され、採集と錬金が有利となっている。

錬金で焚火ができ、ソーシャル用として企画されたが、少し機能ももつ予定となっている。
戦闘専門のクラスではないので強くはないが、狩りの能力は他のクラスに近い水準で開発されている。
覚醒も攻撃スキルはほとんどない予定だが、半面、戦場では直接戦闘よりは仲間を補助するとても強力なスキルを持っており、シャイだけの役割を持つことになる。

また、特にシャイだけが使えるいろんなロバのスキルで楽しく旅をすることができる。
新たに追加される3種類のロバでシャイと一緒に楽しい旅ができるように用意する予定となっている。

シャイは黒い砂漠研究所からプレイ可能であり、公式ホームページでは現在事前予約を開始している。韓国では6月12日、全世界では6月19日からシャイの事前作成が開始される予定となっている。





海洋の時代

今までの航海は、釣りを基本として、帆船と護衛船そして大洋モンスターを中心に回っていたが、この構造を維持しながら大洋に新しい面白さを提供するのは難しいため、新しい形の大洋コンテンツへリニューアルする。

まず、潮流・風向きという概念が生まれる。
これに対応するための準備があれば速い移動が可能だが、準備がないと今までより移動しにくくなる可能性がある。
船を改造して船員を雇い、様々な装置を活用して潮流と風向きに狩って巨大な海を征服することが新しい目標になる。
そのための新しいスタイルの船も準備中で、一部冒険者にとても馴染みのある帆船やガレー船などとなっている。
特に船は操作性を改善し、海の上で船を操縦するだけで面白さを感じるように開発している。

また、大洋コンテンツの深みを増すために新しい島を追加し、様々な目標が生まれる。
新たな島はそれぞれ特色がある雰囲気とストーリがあり、物々交換等、それぞれの独自なコンテンツを持っている。
ある島にはクリオとパプーが競争している島もあり。
みているだけで感嘆が出る景色の島もある。

また、夜の帝王パトリジオの実体に迫る冒険が、プレイヤーを待っている。

大洋はボリュームがあるため、大きく2回にかけてアップデートが進行される予定となっている。
優先的にパート1では大洋の基本と新しい船・島々を公開し、パート2では大洋だけの新しいコンテンツが公開する予定となっている。



他にも、様々な調整・変更・リニューアルなどを予定している。

詳細に関しては公式サイトに掲載されているので、プレイヤーの方はそちらにも目を通した上で、続報を楽しみに待っていて頂きたい-。


(C)PearlAbyss Corp. All Rights Reserved.
(C)GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.