Win

「The Tower of Aion」新フィールド「アプサランタ」追加を含むアップデート「アプサランタ:聖戦」を本日実施

エヌ・シージャパン株式会社は、同社が運営を行う3DMMORPGに「The Tower of Aion」について、2021年9月8日(水)に、アップデート「アプサランタ:聖戦」を実施した


本日実施したアップデート「アプサランタ:聖戦」の概要は以下の通り。

新フィールド「アプサランタ」追加

アプサランタは、レベル81以上から入場が可能。インギスオン/ゲルクマルスにある次元の亀裂から移動することができる。
サーバー統合フィールドだが、「次元の砂時計」は消耗しない。
アプサランタ地域の一部エリアでは、キスクの使用と「サモン:パーティーメンバー」が使用できない。




新インスタンスダンジョン「アプサランタの心臓」追加

アプサランタの心臓では、レベル81以上が装備可能な新装備「[究極]バトルソウル シリーズ」を獲得することができる。

入場アプサランタ アプス神殿入口
PTメンバー数2~6人パーティー
入場レベル81レベル以上
入場可能回数週2回
入場可能回数初期化毎週水曜日午前9時



キャラクター育成関連アップデート

■最大レベルを80→85に引き上げ


■ディーヴァニオン特性システムを追加
・ディーヴァニオン特性は81以降の各レベルごとに3つ選択肢がある。
・レベル81から85まで1レベル上がる毎に1つ、ディーヴァニオン特性を習得する。
・残りの未習得のディーヴァニオン特性はスキルブックを使用して習得することができる。
・ディーヴァニオン特性は各レベルごとに1つまで選択が可能。
・特性を変更するには、「ディーヴァニオン特性名人」(NPC)またはディーヴァニオン滑石が必要となる。
・ディーヴァニオン滑石は軍団クエストの報酬、または魔力製作で獲得できる。
・「ディーヴァニオン特性名人」は、アプサランタ/インギスオン/ゲルクマルスに居る。


■DP獲得方法/スキル使用に必要なDPの値を変更
・DPは、クラス毎に特定のスキルとディーヴァニオン特性スキルを使用することで回復するようになる。
・非戦闘状態ではDPが徐々に減少する。




「神の聖物システム」追加

・レベル85になると、アプサランタ駐屯地のカイジネル(天族)/マルクタン(魔族)から神の聖物を有効にできる。
・「神の聖水」を使用することで、聖物レベルを上昇させることができる。
・「神の聖水」は軍団クエスト報酬、魔力製作で獲得できる。
・神の聖物レベルに応じて能力値が上昇する。
・神の聖物レベルが特定のレベルに達すると「聖物スキル」を獲得することができる。
・聖物スキルはプレイヤーのパッシブスキルに追加される。
・パッシブスキルの能力値はプレイヤーの能力値に補正が掛かるもので、神の聖物のUIからは確認が行なえない。
・神の聖物がシーズン制となり、シーズンが終了するとレベルが初期化される。




新スキルシステム「誓約」追加

・「誓約」を行うことで、武器や防具に誓約スキルを付与できる。
・誓約スキルには「スキルグレード」と「3段階のレベル」があり、グレードとレベルが高いほど強力な効果を発揮する。
・誓約スキルは、付与するごとにランダムでレベルとグレードが変化する。
・誓約スキルを複数箇所に付与すると、スキルの組合せに応じてスキルの強化や新しい「組合せスキル」が発動する。
※注意:外形スキルと誓約スキルを同時に付与することはできない。後に付与したスキルで上書きされる。

・誓約スキルは、アプサランタの「誓約の湖」にある「誓いの祭壇」で付与することができる。
・誓約を行うには、「誓約の石版」とギーナを消費する。
・「誓約の石版」は、軍団クエスト報酬、魔力製作、ワールドレイド報酬で獲得することができる。
・誓約の祭壇は、第一作戦地、第二作戦地、第四作戦地のうち2箇所以上占領した種族が使用可能となる。




「乗り物キューブ」追加

・所持している乗り物は、(期間制/永久問わず)乗り物キューブに登録して一括で管理することができる。
・乗り物キューブの中で、残り期間の確認や詳細を確認することができる。
・同じ乗り物で、期間制の乗り物を複数登録も可能。その場合利用期間が加算して登録される。
・永久使用可能な乗り物が登録されている時、同一の期間制の乗り物は登録できない。
・期間制の乗り物は、最初に搭乗を行った時点から期間が消耗される(乗り物キューブに登録しただけでは期間は消費されない)
・乗り物キューブからクイックバーに登録を行い、搭乗/降りるを行うことができる。



詳細に関しては公式サイトに掲載されているので、プレイヤーの方はそちらにも目を通した上で、早速新コンテンツをプレイしてみては如何だろうか-。

The Tower of AION (R) are registered trademarks of NCSOFT Corporation. Copyright (C) 2009NCSOFT Corporation. NCJapan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit
The Tower of AION(TM) in Japan. All rights reserved.