WinMacPS4XOne

「World of Warships」9月9日に「オランダ巡洋艦」正式追加や「ソ連空母」アーリーアクセスを含む大規模アップデート「0.10.8」実施 「トランスフォーマー」コラボ第2弾も予定

ウォーゲーミングジャパン株式会社は、Wargamingが運営を行うオンライン海戦ストラテジーゲーム「World of Warships」について、2021年9月9日(木)に、サービス開始6周年を記念した大規模アップデート「0.10.8」を実施した


大規模アップデート「0.10.8」
9月9日に実施した大規模アップデート「0.10.8」の概要は以下の通り。

ジグソーパズル「World of Warshipsの6年間」コレクション

World of Warshipsの6年間
このジグソーパズルは60ピースからなり、ピースは「World of Warshipsの6年間」専用コンテナから入手できます。そしてそのコンテナは、武器庫で期間限定の「祝賀トークン」と交換するか、あるいは特別なコンバットミッションチェーン、期間限定イベント「航空局競争」のクリア報酬として獲得可能となっている。
「祝賀トークン」はTier V以上の艦艇でプレイするだけで獲得でき、艦艇のTierとタイプに応じて、プレイヤーは「遠洋航海コンテナ」、「ギフトコンテナ」、「祝賀トークン」を入手することができる。
ジグソーパズルを完成させたプレイヤーには「遠洋航海コンテナ」1個、「ギフトコンテナ」6個、「World of Warshipsの6年間」記念旗が報酬として与えられ、「祝賀トークン」は武器庫で特別な無期限迷彩とも交換できる。




オランダ巡洋艦とソ連空母

オランダのTier I-X巡洋艦がアーリーアクセスを終了し、正式に技術ツリーへと追加した。
ロッテルダム港から出航したこれらの艦艇は、新しい武装タイプである「空襲」、そして優れた隠蔽性と機動性を持ち、高Tier帯ではさらに火力と装甲も優秀。

一方でアーリーアクセスとして、ソ連の空母が登場した。
Tier IV Komsomolets(コムソモレツ)、Tier VI Serov(セローフ)、Tier VIII Pobeda(ポベダ)の3隻はいずれも一撃必殺の攻撃力を備えた強力な飛行中隊を擁し、これらの艦艇は期間限定のリソース「ソ連トークン」を通じて入手可能。
「ソ連トークン」は期間限定イベント「航空局競争」で獲得できるほか、無料のデイリーバンドル、武器庫ではコミュニティトークンとの交換でも手に入る。
Pobeda




期間限定の新戦闘モード「コンボイ」

実際の戦闘では、兵站の維持こそが勝敗を分けるカギとなる。海戦の場合は輸送船団による海上輸送だが、この相手の兵站を切る、自軍の兵站を守るというのは、まさに一連の戦局の中での重要場面と言える。

2021年9月23日より開始する本期間限定イベントモード「コンボイ」では、定められた航路を自動で航行する4隻の輸送船を目的地まで護衛するチームと、それを阻止するチームに分かれて争うことで、その重要な場面をゲーム中で体験することができる。
コンボイ




トランスフォーマー再び

「World of Warships」は今回、「トランスフォーマー」最初の長編アニメーション映画「トランスフォーマー ザ・ムービー」の公開35周年(アメリカ)を記念して、コラボイベント第2弾を開始する。
2021年9月24日から開始される今回のイベントでは、「ホットロッド」、「グリムロック」、「スタースクリーム」、「サウンドウェーブ」がスクリーンを飛び出してゲーム内に登場。壮大な海戦へと参加する。アニメーション付きの無期限迷彩、ボイス付き艦長、そしてコラボ限定パッチや記念旗などイベント限定の多種多様なアイテムが用意されている。
トランスフォーマー





プレイヤーの方は、早速新コンテンツをプレイしてみては如何だろうか-。

(c) 2012–2021 Wargaming.net.
(c) TOMY 「トランスフォーマー」「TRANSFORMERS」は株式会社タカラトミーの登録商標です。
※その他、記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。
プレスリリース文を表示