WinPS2X360

「ファイナルファンタジーXI」蝕世のエンブリオのシナリオ追加を含むバージョンアップを本日実施

株式会社スクウェア・エニックスは、同社の運営を行うMMORPG「ファイナルファンタジーXI」について、2022年5月10日(火)に、「蝕世のエンブリオ」のシナリオ追加を含むバージョンアップを実施した


本日実施したバージョンアップの概要は以下の通り。

「蝕世のエンブリオ」のシナリオ追加

「蝕世のエンブリオ」第8回前半を追加。

クエストのオファーには、「クエスト「燃えよアルテニア」をコンプリートしている」という条件を満たした状態で、ル・ルデの庭(H-5)のNPC「Maat」に話しかける必要がある。




バトルコンテンツ「アンバスケード」更新

今回のアンバスケードは、どちらも復刻となる。

1章は魔法タイプのマムージャ戦で、属性のイメージカラーとマムージャの色がミスマッチだった部分を修正するなど、遊びやすく調整をしている。

2章のケートス戦は、特定の技をきっかけに物理ダメージや魔法ダメージと弱点が切り替わるが、より弱点ダメージが出るように調整している。とはいえ、ダメージが大きくなると敵対心管理が難しくなるため、ご注意を。

また、5月恒例となりつつあるキンキラのボーナスモンスターの乱入も仕込まれている。



詳細に関しては公式サイトに掲載されているので、プレイヤーの方はそちらにも目を通した上で、早速新コンテンツをプレイしてみては如何だろうか-。

(C)2005-2021 SQUARE ENIX CO., Ltd. All Rights Reserved.