WinPS2X360

「ファイナルファンタジーXI」蝕世のエンブリオのシナリオ追加を含むバージョンアップを本日実施

株式会社スクウェア・エニックスは、同社の運営を行うMMORPG「ファイナルファンタジーXI」について、2022年6月10日(金)に、「蝕世のエンブリオ」のシナリオ追加を含むバージョンアップを実施した


本日実施したバージョンアップの概要は以下の通り。

「蝕世のエンブリオ」のシナリオ追加

「蝕世のエンブリオ」は、第8回の後半をお届けする。

クエストのオファーには、条件『クエスト「マート御乱心」をコンプリートしている。』を満たした状態でジュノ下層(H-10)のNPC「Muckvix」に話しかける必要がある。




バトルコンテンツ「アンバスケード」更新

1章が復刻のクトゥルブ戦、2章は新作のドール戦となる。

クトゥルブ戦では、一部の技を調整して戦いやすくしている。ただし、自身のHPが低い状態を放置していると酷い目に合うのでご注意頂きたい。

2章のドール戦は、ボスのドールを倒せば勝ちとなるが、お供のHPをある程度減らすか、倒した方が楽に戦えるようになっている。




「スパイクフレイル」の効果変更

ドメインベージョンのウィルム族が使用する「スパイクフレイル」の効果を変更。
こちらはバランス調整を意図したものではなく、ワールド全体で楽しむコンテンツであることを考慮した対応となるため、ドメインベージョン以外のウィルム族が使用する「スパイクフレイル」はそのままとなっている。
また、これで効果が無ければ追加で調整を実施する。




マスターレベル上限引き上げ

マスターレベルの上限を40に引き上げた。



詳細に関しては公式サイトに掲載されているので、プレイヤーの方はそちらにも目を通した上で、早速新コンテンツをプレイしてみては如何だろうか-。

(C)2005-2021 SQUARE ENIX CO., Ltd. All Rights Reserved.