WinPS4

「信長の野望Online」今後実施予定の次期アップグレード「信長の野望 Online ~天楼の章~ 神将闘舞」の情報公開第一弾として新育成システム「家臣闘錬」情報を公開

株式会社コーエーテクモゲームスは、同社が運営を行うMMORPG「信長の野望Online」について、2022年6月22日(水)に、今後実施予定の次期アップグレード「信長の野望 Online ~天楼の章~ 神将闘舞」の情報公開第一弾として、家臣を育成する新システム「家臣闘錬」に関する情報を公開した

信長の野望 Online

本日情報公開した次期アップグレード「信長の野望 Online ~天楼の章~ 神将闘舞」の概要は以下の通り。

新システム「家臣闘練」登場

新NPC「出雲阿国」が主導して行う「家臣闘練」は、家臣を指導してくれる英傑や、訓練内容の決定を通して家臣の能力を高めていくという新たな育成方法。
また、「家臣闘練」を通じて英傑の持つ固有技能を家臣が伝授されることもある。


■「家臣闘練」利用条件
・城下町を持っていること。
・家臣を登用できること。
・登用したて、もしくは「時戻しの笛」を使用し、育成を進めていない家臣がいること。
・英傑を1人以上仲間にしていること。

※城下町は、市民ID1つにつき1つ所持できる。
※家臣は、課題「家臣について知ろう」を開放、もしくは仕官済みであれば登用が可能。
※英傑は、仕官済みの状態で安土の町にいる「明智光秀」に話しかけ、「夢幻城」のチュートリアルにて仲間にできる。



詳細に関しては公式サイトに掲載されているので、プレイヤーの方はそちらにも目を通した上で、アップグレードに関する続報を楽しみに待っていて頂きたい-。

信長の野望 Online

(c) コーエーテクモゲームス All rights reserved.