タイムリフレイン - 一巡後の世界 -

事前登録受付中
ダウンロード料金無料
月額料金無料
アプリ内課金あり
運営会社
ジャンル
グラフィック
特徴

ゲーム紹介

我々が住む世界の千年後を舞台に、神の力と呼ばれる「アーク」を巡る人間、神、シャドウの戦いを描いた対戦型タクティカルRPG。

カード対戦ゲーム等で使われる、ドロー&リリースを使った簡単なバトルシステムで、従来のカードゲームの複雑さを解消し、手軽さを極めたタクティカルRPGとなっている。

手札にあるユニットをゾーンにセットして、先にライフポイント(以下LP)を全て削った者が勝者となる。誰でも簡単に遊べることを前提に、本来カードゲームなどで使われる複雑なトラップカード、効果カードなどのシステムを取り入れず、ユニットカードだけで楽しく、戦術性溢れるバトルができる仕様になっている。

■世界観
— 西暦2500年 —
新たなエナジー「アーク」が発見された。
原子力の遥か上を行くこの自然エネルギーによって、人類は更なる発展を成し遂げた。

— 西暦2510年 —
有能な科学者が集うアーク研究所「バビロン」が立ち上げられた。
研究の成果によりアークは更なる力を発揮し、アークを独占しようと戦争が始まった。

— 西暦2670年 —
激戦の中難攻不落の要塞となったバビロンは外部との交流を遮断し、独立を宣言した。
その翌年、禁じられた召喚術がバビロンで行われ、幻の四精霊が初めてこの大地に降臨した。

— 西暦2700年 —
アークを使いこなした者は「神」と語り始めた。
地上から宇宙へ、「神域」を宇宙で作り、彼らは暮らし始めた。
アークを使いこなせなかった者は「人間」のまま、戦争から逃げ回っていた。
気がついたら既に戦後の世界だった。彼らは再び結束し、「国」を、「秩序」を作ろうとした。

— 西暦2710年 —
地上が再び一つになろうとする頃、空は二つの派閥に分裂した。
人間を支配しようとする神は地上に戻り、「シャドウ」という組織を作った。
人間と共存しようとする神は人間と手を組み、シャドウ撃退を計らった。

— E.1年(西暦3000年) —
地上を統一するため、300年近く続く人間と人間の争いにやっと終止符が打たれた。
それを記念すべく、この年は「E歴元年」となり、新たな時代の幕開けをつけた。
人間はやがて結束しシャドウ撃退だけを考え、「連盟」となった。

— E歴18年 —
シャドウとの戦いはより白熱となった。
終わりが見えない戦いに疲れ、連盟は神の力を借り禁断の術に手を伸ばした。
召喚術に応じた者、それは勝負の鍵……なのか?

運営履歴

2020年03月17日(火)iOS版・Android版事前登録受付開始